鳥ちゃんは今日も忙しい

オカメインコと暮らしています。ゆるく愉しくまったりと。ときどきハムスターも登場します。

紙コップ vs 鳥ちゃん その2

f:id:samidareshikini:20170209133015j:plain

ジャジャーン!

紙コップに手を添えなくてもご飯を食べにゆけるようになりました。

ビビりだけど、慣れるのも早い。

ただ、奥まで頭をいれるのはかなりこわいみたい。暗いからかなー。

 

暗さがネックなら紙コップにパンチで穴をあければ解決するかも?

 

インコに限らず、ペットのお世話に100均は欠かせません。

この紙コップも100均で購入したもの。

ちなみによく写り込んでるフェルトコースターやピンクのゴミ箱も同じく100均。

生活にかなり溶けこんでるなあ...恐ろしや。

 

紙コップでも遊べるようになってほしいな、と思ったきっかけはこちらの本を読んでから。

 

 

現在(絶版なのかも?入荷予定なしなので)買うことはできませんでしたが、図書館にあったので借りて読みました。 

この著者さん(青木愛弓氏:バードトレーニング *BIRD TRAINING*)が書いた他2冊は手元にあって愛読しているので、こちらも欲しいなーと思ったのですが、さすがに中古でケージが買えるお値段は...それなら新品のケージ飼う!笑

 

 

 

 

こちら2冊がわたしの鳥ちゃんバイブル。

「しつけ」という言葉がタイトルにあるけれど、より良い「コミュニケーションを目指す」ほうが近いと思うので一般的なしつけや問題行動対策本...とは別かなあ。

 

遊んでしつけるインコの本―よい関係をはぐくむための遊びのレシピとしつけのミニ知識

は、ちょっとした芸を教える本。わかりやすくて大好き。

 

ゆずは元々手のりだったので、この本に載っているトンネルと握手をステップ・バイ・ステップでマスターしました。

どんくさいオカメでも芸ってできるのか...!と感動。

そのうちブログでもお披露目できたらいいな。

 

一般的な飼育書はだいたい読んでしまったので、いまは少し違うアプローチの本をよく読むようにしています。

 

f:id:samidareshikini:20170209133313j:plain